任意整理で借金費用の負担軽減!和解するのに数ヶ月から1年かかる

貸金業者と直接交渉

天秤

今後の金利が無くなります

自己破産や個人再生は、裁判所を介して行う手続きですが任意整理は裁判所を使わずに貸金業者と直接交渉することによって借金の減額を図る手続きです。弁護士に依頼してから和解が成立するまで2ヶ月〜半年程度の短期間となるため、費用もそれほどかからず早期に借金問題を解決したい方には向いている手続きです。任意整理なら早く解決するからといって、費用がもったいないから弁護士に頼まずに自分で交渉するといっても簡単な手続きではないです。減額交渉するには、払えないからまけてくださいというものではなく減額するだけの根拠が必要になります。貸金業者から取引履歴を取り寄せ過払い金を計算して、払い過ぎた分を減額できないか交渉を行うのです。いくら過払い金が発生していたとしても減額要求に応じるかは貸金業者次第ですので強制力はないのです。素人の限界はここまでであり、任意整理を費用がかかっても弁護士に依頼したほうがよいのは、交渉ノウハウを持っているからです。弁護士なら過去に減額してくれたケースを引き合いに出せますし、任意整理にに応じないなら訴訟をチラつかせると貸金業者側も手続きが長引くのをきらいますし、裁判となれば応じなければならないので、駆け引きがあります。個人だと交渉して和解に至らなかったら、返済がストップしていた分の期間の利息が積もりに積もっています。弁護士費用はかかっても依頼すると督促も止まりますし、今後の金利を無くして元金のみを分割返済できるように手続きをしてもらえます。

Copyright© 2018 任意整理で借金費用の負担軽減!和解するのに数ヶ月から1年かかる All Rights Reserved.