任意整理で借金費用の負担軽減!和解するのに数ヶ月から1年かかる

家族に内緒で手続き

女性

弁護士を通した方がいい

任意整理は、貸金業者に対して減額や分割払い、将来金利をカットしてくれるように交渉をする手続きです。この手続きをすると、信用情報に事故情報として登録され5〜7年間は新たにローンを組むことが困難になるデメリットはあるものの、この手続きをしない場合を比べると早期に完済を目指すことができるメリットがあります。弁護士に依頼しなくても個人で交渉して手続きはできるのですが、借金のことを家族に内緒にしている、バレたら何を言われるか分からないという方は費用はかかっても弁護士を通して任意整理の手続きをしたほうがよいです。任意整理を個人でやれば弁護士費用を支払わずに手続きできるので、費用面だけはメリットがありますが、貸金業者と交渉期間中は任意整理をするからといって和解成立まで返済をしなくてもいいということではないのです。返済期日を過ぎれば、当然督促があります。自宅に電話がかかってきたり督促状が届くこともあります。その結果、家族に借金のことがバレてしまうリスクが高くなってしまいます。弁護士に依頼をすれば、債権者である貸金業者とのやりとりはすべて弁護士が代行します。受任通知を受け取った債権者は、今後直接依頼人である債務者に直接交渉をすることができなくなり、すべて代理人である弁護士を通さなければならなくなります。家族に内緒で任意整理の手続きをしたい方は、相談費用は無料ですので弁護士を通した方が安心して手続きできます。

Copyright© 2018 任意整理で借金費用の負担軽減!和解するのに数ヶ月から1年かかる All Rights Reserved.