任意整理で借金費用の負担軽減!和解するのに数ヶ月から1年かかる

過払い金があると減額

法律書

着手金や報酬金が払えない

任意整理とは、将来金利をカットできる手続きです。例えば、100万円の借入残高があるとします。これを金利15%で5年間に渡って毎月1回分割で支払いをしてくと、トータルでの支払金額は利息を含めて140万円ちかくにもなるのです。弁護士に任意整理をすれば、100万円の残高があっても将来金利がカットできますので100万円を分割で支払っていくだけになります。また、任意整理には減額をすることができます。消費者金融から取引履歴を取り寄せ利息制限法以下の金利に引き直し計算を行い、過払い金が発生していれば当初の残高100万円からさらに減額ができ将来金利もかからずに返済することができるのです。ただ、発生している過払い金額がそのまま減額に充てられるかは交渉次第となります。15年以上取引している方は、過払い金で完済できるケースもあり、過払い金で完済できるか残債が残るかで事故情報に登録されるされないも決まりますので、債務整理に強い弁護士に依頼をすることで、取引期間の長い方はゼロ和解以上できるかがポイントになります。ただ、任意整理には費用がかかります。依頼時に最初に払うお金である着手金は整理する貸金業者の数だけかかるので1社3万円で5社任意整理するなら15万円の費用がかかりまうs。その他にも報酬金といって減額報酬や成功報酬などの費用がかかります。基本弁護士費用は一括ですが、まとめで支払うことができない方は分割に応じてくれるかも相談してみることです。

Copyright© 2018 任意整理で借金費用の負担軽減!和解するのに数ヶ月から1年かかる All Rights Reserved.